ヘルニア

 首や腰のヘルニアは、病院でレントゲンやMRIの画像をもとに診断されますが、脊椎の研究結果では、まったく腰に痛みを感じていない人でも4人に3人の割合でヘルニアがMRIに存在している事が 分かりました。

 この事により、痛みの原因として椎間板のヘルニアを考えることが理論上当てはまらなくなりました。

 

 そして手術をしたとしても5年後には、手術をせずに経過観察をした場合と痛みに優位差がないことから、現在は手術を第一選択肢としない場合が多くあります。

 

 当院では、姿勢分析や背骨と骨盤のレントゲンの状態、筋肉や神経を検査して痛みの原因をつきとめていき、お体の状態に合わせた施術をご提案させていただきます。

 

 ヘルニアと診断されても、姿勢のゆがみや筋肉の状態が良くなることで、痛みやシビレが改善された患者様もたくさんいらっしゃいます。

 ※レントゲンは提携病院での撮影となります。詳しくはこちら→レントゲンについて

◆ヘルニアで来院された患者様の声

ヘルニアと診断されて来院しました。

 腰が痛い状態が続きましたが(急な早足ができない位です)、最近は大丈夫です。

 目標のスキーにも行く事ができ、大変うれしく思っています。

 でも、まだ少々痛い状態の時があり、不安がありますので、楽しく安心を求めて通っています。

 これからも、よろしくお願いいたします。

 

A.Sさん

 

左ふくらはぎ痛と歩行困難がありました。

 3年程前、同様に左足に痛み、痛風かと思い内科へ。

 これは違うと言われて、整形外科へ。

 MRI検査にてヘルニアが出ていると言われリハビリ。

 ほぼ毎日、6か月通院しても変化なし。

 あきらめていた時に、うしおさんを知り、来院。 2か月程で痛みがひき、その後3週に1回くらいのペースで約1年通院。

 1年ほど中断したら、また再発。

 今度も2カ月かからずに痛みがとれ、普通に歩けるようになりました。

 ありがとうございます。

 

原田さん

4年前の秋頃、お尻から太ももにかけ、とても重苦しい痛みが出て、日増しに痛みが酷くなり、食欲もなく、全身の関節が痛み、1日のほとんどをベッドで過ごしていました。

 整形外科で腰椎椎間板ヘルニア、3か所もヘルニアになっていました。

 治療しても、なかなか良くならず、手術を進められましたが決断できず、 うしお先生の所で、現在の状況や治療方法・・・etc 分かりやすく説明していただき、手術をしなくても大丈夫とのこと。

 希望が持てました。

 最初は毎日治療を受け1か月位から、体がだんだん楽になっていくのが分かりました。

 少しずつ家事ができるようになり、全身の関節痛も少なくなって、食欲もでてきました。

 1年位から週1回位の治療でも、家事が無理なく出来るようになり、旅行に行ったり、孫と遊んだり・・・etcと、毎日感謝しながら過ごしています。

 現在は月に2回位、いつまでも元気に過ごせるように治療を受けています。

受付時間

 
午前 -
午後 ---

午前
8:30~12:30
午後
15:30~19:30

定休日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日

所在地

〒457-0014
愛知県名古屋市南区
呼続1-12-7
フォーサイト1F
最寄り駅/名鉄:呼続駅
地下鉄名城線:堀田駅、妙音通
第1駐車場 4台
第2駐車場 2台

052-822-5857

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

  • 接骨院・整骨院ドットエキスパート

PageTop